専業酒婦のちゃいなLife

中国広東省深セン暮らし~帰国中は琵琶湖畔からの食いしん坊活動記録

パース Day4 南に向かって走る

~10月3日~

パース滞在も4日目、頭の片隅にあった南へ約3時間のマーガレットリバーまで行き一泊ファームステイするという旅中でのショートトリップを実行したかったのだけど、天気予報が生憎の雨模様。

雨のファームステイもなぁ....。ここはあきらめて南方面へ日帰りドライブすることにしました。

 パースから海岸沿いに220kmにある街、Busselton を目指します。

 

この2日前にパースから北へ走りましたが、

bigcatal.hatenablog.com

 

南へ向かう車窓は北方面とは大きく違っていました。

f:id:bigcatal:20181014051300j:plain

何が違うか? ずっと続く一本道であるのは同じ。でも何かが違う。

北へ進む道は大自然の不思議が次々と訪れるのに対して、南へのルートは大きな自然の中に人の手が加わって農場や家族経営の小規模ワイナリー、ビール醸造所などが点在しているようです。

走行中に見えるそれを知らせる看板に私は釘付け(笑) ちょっとお邪魔したい気持ちを抑え、先に進みます。日帰りだからね、ゆっくりしてられないの。

あ~でも、これよこれ!私の大好きなオーストラリアはこの風景なのよ!

決めた。来年もう一度パースに来よう。大自然の不思議は一度見れば十分だわ。それから、シティーにはさして興味はないから、滞在はマーガレットリバーね。そして次はゆっくりこんな田舎町のワイナリーを一軒一軒訪れるのよ~~~!

と、(笑) 来年の旅計画を叫びながら(夫は無言で運転中)浮かれていると、

 

あら、着いた。長~い長~い桟橋があるというバッセルトン。
f:id:bigcatal:20181014051211j:image

 

その長さ、1,841m とのこと。現在は観光用として解放されています。
f:id:bigcatal:20181014051243j:image

てくてく歩きます。いい運動です。

1860年代当初のものでしょうか?ところどころに古い木製の橋の名残がありました。
f:id:bigcatal:20181015033837j:image

 

当時の物資運搬用のレールも現在はお客さんを運びます。
f:id:bigcatal:20181014051309j:image

 

3/4ほど歩いたあたりから手すりが片側のみになってしまい💦 けっこう怖いです。
f:id:bigcatal:20181014051358j:image

 

はい。先端に到着。この小屋は海中水族館になっているようです。
f:id:bigcatal:20181014051221j:image

 

この、~まで何キロって標示、かならずTOKYOってあるもんだと思っていましたがありませんでした。東アジアを代表する都市は現在は北京のようです。なるほど。
f:id:bigcatal:20181014051147j:image

 

岸に戻り、ランチタイム。
f:id:bigcatal:20181014051343j:image

 

これが絶品でした!イカ墨で口の中が真っ黒ひどい顔になってしまいましたけど。

f:id:bigcatal:20181015033931j:image

 

さて、お天気もまだ崩れてきていません。もうちょっと先に行ってみることにしましょう。さらに40kmほど行ったところにある Canal Rocks
f:id:bigcatal:20181014051201j:image

 

ここは、海岸線の岩場の風景が美しいところです。

f:id:bigcatal:20181015034110j:image

 

ボードウォークがあって私みたいなへなちょこも歩いて行けます。
f:id:bigcatal:20181014051414j:image

美しい。
f:id:bigcatal:20181014051253j:image

 

そしてまたさらに30km走り、 Cape Naturaliste Lighthouse 。
f:id:bigcatal:20181014051139j:image

 

大満足の一日。

パースへの帰路は予報通り土砂降りでした。

 

つづく