専業酒婦のちゃいなLife

中国広東省深セン暮らし~帰国中は琵琶湖畔からの食いしん坊活動記録

5センチの違い

f:id:bigcatal:20170830224856j:image

これは写真で残すような献立でもなければ餃子の並びが滅茶苦茶でお恥ずかしいのだけど、味は上出来でビールが進んだ何てことのない普段の食卓。

 

私は昔から料理好きなのだけど、なぜだか中国に来てから何をやってもイマイチ。どうも「料理が出来ない症候群」に罹ってしまったようなのです。その疾患は進行して、何かと理由をつけては外食や出前をとることが多くなって。

ところが!今のマンションに越してきてその病が一瞬にして治るという自分でもびっくり嬉しいことが起こりました。

どうも病の原因は、中国の台所事情にあったようです。中国の一般的な台所は家の隅っこに追いやられ狭い空間での作業場といった感じ。しっかりと扉で仕切られています。おそらく一般家庭でもお手伝いさんを雇う習慣があるから?台所は使用人の作業場扱いなのかもしれませんね。

以前のマンションも例外ではなく、キッチンは狭くダイニングと離れていて使い勝手が非常に悪かったのです。

それが今のマンションに越してきて解放されたキッチンに立った時、その瞬間にすべてが解決したことを感じました。今のキッチンはいわゆるLDK、独立する形ではなく、アイランド式でリビングに向かって調理をする日本にもよくある間取りです。

それと、キッチンの高さが床から88センチあったこと。じつはここが私にとって大きかった。88センチがベストな高さなのです。この一年、たった5センチだけど低いキッチンが大げさではなく心身ともに私に負担をかけていたのです。

さぁ、広くはないけれど料理をする環境にようやく恵まれました。こうなったら料理するぞ~!っと意気込んだものの、また新たな問題発生!

冷蔵庫が小さいの。よくサイドにある卵を立てて収納するスペースなんてもちろんありません。野菜室も小っちゃくてキャベツ丸ごと入れると他に野菜は入りませんっ。高温多湿の深センなのに食材を保存できない!

 ど、どうする?

困った....."(-""-)"