読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業酒婦のちゃいなLife@Guangdong

中国広東省ローカル暮らし~帰国中は琵琶湖畔からの食いしん坊活動記録

Penang Asam Laksa を喰らう

旧正月の元旦、春節をどう過ごす?何食べる?

あてのないままペナン島一周してみることにした。

いつもジョージタウン方面にしか行ってなかったので今日は時計と反対周りにね。

 

なかなかの山道、カーブが連続する。

一山越えしばらく走ると中国語ばかりの町に入り当然元旦だから商店はしまっている中で唯一活気のある一角、ペナンラクサの店が賑わっていた。

もちろん、立ち寄る(笑)

f:id:bigcatal:20170128175007p:image

 

 

 

メニューはラクサのみ。一杯5RM(約125円)

f:id:bigcatal:20170128165434j:image

 

見た目は....(-"-)....だけど。これがアッサムラクサね。

f:id:bigcatal:20170128165508j:image

さて、お味。

シンガポールラクサとは全く違い、魚介出汁にタマリンドの酸味とチリ、ミョウガのような香菜がたっぷり。

魚臭い、甘い、酸っぱい。

かなりクセのある味だし、見た目もアレなのでおおかたの日本人は苦手かも知れない。

でも、私はこの味  好き!

最初の一口は甘さを強く感じるのだが、食べ続けるとちょうどいい塩梅に変わる。

旨い!

 

後で調べてみると、この店と~っても有名店みたい。偶然にも食べることができてラッキー。

 

マレーシアの食、まだまだ奥が深そうだー。