専業酒婦のちゃいなLife

中国広東省ローカル暮らし~帰国中は琵琶湖畔からの食いしん坊活動記録

無駄足に終わった家探し

 

タイトル通り、がっくりきてマス。

8月には私もお引越しのつもりでそろそろ家を決めて、前もって夫に住み始めてもらおうと強行スケジュールで中国へ家探しに行ってきましたの。


海外での家探しは手慣れたもの?飛び込みで探します(笑)
会社が用意した至れり尽くせりのお部屋をお断りした手前、自分で動かないとね。
とは言え、夫婦ともに中国語ダメなので、可愛い秘書さんが通訳としてお手伝いくださいました♡ありがたい。


中国での賃貸物件情報はネットでも調べたんだけど、ここは日本企業が進出してなく日本人居住者がほぼいないため、日本語では情報がありません。
不動産会社も急な電話ではアポがとれなかったり。
そこで、チャレンジャー妻(^^;のアイデアで、住みたいなーと思うマンションに飛び込みすることにしました。
靴ヅレしながら歩く...歩く...三軒ほど飛び込みするとセキュリティゲートのスタッフからいろいろな情報も入ってきて、いい物件をもってる不動産会社の名刺をゲットできました。
私たちが飛び込みしたマンションから、おおよその見当がついたのでしょうね。
さすが不動産屋さん、私たちが望んでいる条件を満たした物件を紹介してくれたのです!

 

どんな物件かって?そりゃあ、素敵なお部屋でした。なにより環境が良い!
外資系スーパーでしょ、暇つぶしに最適なシネマ付きショッピングモールでしょ、それとスタバ (笑) が徒歩数分であるの。

ちょっと足を延ばせば旧市街で魅力的なローカル市場やお店が立ち並び....ローカル中国と便利な生活両方が揃ってる!

大家さんも日本人に貸すのは嬉しいみたいでノリノリだった!

 

どんなに素敵なお部屋か書きたいけど、タイトル見てくだされ。

 

どよ~~~ん。

 

あとは、契約だけしてもらうところまで段取りしたのに!!!
なんかね、会社からちゃちゃが入ったそうで、
この物件というより、私が完全渡航するまで家の契約はしないとのこと。
一旦白紙。私が渡航後に再検討するラシイ。

はいはい。わかりました。←(“はい”は一回でいいって?はいはい。)
チャレンジャー 妻、出しゃばりすぎ?ました⤵ すんません(^^;

お家賃出してもらう以上、勝手は申しません。

 

 ち~~ん (◞‸◟)

 

8月まで、空いていたらいいなぁ。あのお部屋💦💦

f:id:bigcatal:20160626213056j:plain

そのお部屋のご近所スタバでひと休み。

日本人はいない街だけど、欧米人はチラホラいるんデス。

なぜかホッとする(笑)