専業酒婦のちゃいなLife

中国広東省深セン暮らし~帰国中は琵琶湖畔からの食いしん坊活動記録

香港の有名店に餃子を食べに行く

自称餃子マイスターの私。 自分で作る餃子が一番美味しいと思ってるけど、餃子大好きなのでたまには他人の作ったものも食べたい。 中国の主食は、北の地域では饅頭や餃子など小麦、そして南の地域では米が食べられるそうだ。 私が現在生活の拠点としているの…

路上でいろんなもの売ってるの

街を歩いていると驚いたり、笑ったり、呆れたりする光景がてんこ盛りの、どローカルな我が家周辺です。 面白ネタは山ほど転がってるんだけどなかなか写真を撮るのは難しいの。(意外と小心者なのね。怒られたら嫌だから 笑 ) だけど、これには思わずカメラ…

中国でチキンラーメンを買ってみたら、、、

私は中国のインスタントラーメンが普通に美味しいから日本メーカーを買ったことがなかったのだけど、はじめてチキンラーメンを買ってみた。 で、ちょっとびっくりしたので報告。 見た目、日本と一緒でしょ? 少しスープが黄色く濁ってるかな? 開封してびっ…

10万歩超えた旅

友達6人が香港旅行にやってきた。 旅の手配をすべて任され、そのあたりは得意分野だから計画段階から楽しくて。 ホテル選びも彼女たちにふさわしく少し贅沢をして、私も丸4日間一緒にゆったりと大人の旅を満喫、、、するはずだった。 ところがどっこい、自…

旬のパイナップル

2月は路上にサトウキビ売りがたくさん出てましたが、今はパイナップルです。 トラックの荷台に山積みしての販売もありますが、目立っているのはこれ。 カットして串に刺しての販売です。その場で食べることもできて大人気。 このカットの美しいこと!びっく…

西洋菜のパスタ

連日クレソンを食べてる。食べても食べてもなくならない。 サラダ、お浸し、味噌汁、まだまだなくならない(笑) 最後にパスタでたっぷり使う。麺とほぼ同量だしwパスタ入りクレソン炒めか? ツナ缶、ニンニク、鷹の爪。間違いのない美味しさデス。 ようやく、…

肉骨茶

マレーシアで肉骨茶(パクテー)のスパイスセットを買ってきたので作ります。 パッケージ写真のような肉などの具は入っていません。スパイスだけね。 原材料を読むと中国では簡単に手に入るものばかりかも(笑) でも、パックされてるので便利よね。 具には腐竹…

料理が出来ない症候群

自称、料理上手な私デス。ええ、自称。あはは。 ちゃんとした料理は自信ないけど、外で食べて美味しかったものや料理写真などから私なりにアレンジして再現する事に関してはまぁまぁの腕前(笑)があると思ってるのデス。 それがね、中国に来てから料理がどうも…

悩んでカレー

材料の下準備をしながらも和風にするか中華にするかで悩み.... この状態で睨めっこ。 でも、クレソンをサラダで食べたかったので、 結局、カレーにした。イカと骨つき豚のカレー。 夫が、「自分だけ御飯が丸いんだね」と言う。 あたりまえやん!写真用よ。と…

久しぶりにローカル市場でお買い物

最近、料理をちゃんと作る気分にならなくて。 理由は自分でわかってて、どうにかしなきゃなぁ。と思ってる。 気合を入れるためにも、今日は朝からローカル市場に行ってみた。 スーパーマーケットより、こんな市場が好き。 今日の戦利品。 クレソン....だよね…

いいね👍 要らないのー?

ペナン島のジョージタウンではストリートアートをあちこちで見ることができるのですが、こんな風刺画もありました。 たくさんの いいねlike を捨てに行ってる? う~ん。 私も長~いFacebookユーザーなのだけど、この"いいね"には慎重派デス。 公開設定してる…

客が来ない店

夜になると歩道一杯にテーブルを出して、オープンカフェ!?のような食堂が中国にはたくさんある。 近所で気になっていたオープン食堂が並ぶ通りに行ってみた。 まだ時間が早く開店したばかりでどの店も客はいない。どこにするー?とウロウロしてたら一軒の店…

惜しい日本語

小籠包が食べたくて"鼎泰豊"に行ってきました。 このブログのヘッダー写真の店。↑は上海で行った時のものだけど。 深圳にもあるのを見つけたのです。 中国では飲食店に限らず店員さんの態度が怖かったり不愛想なのが普通なのですが、この店はちゃんと教育さ…

ずいぶん昔のバレンタインデー

さあ、何年前だろう?たぶん10年以上前の写真です。 この当時はまだ私も専業酒婦ではなく、忙しくしてましたよ。 夫もグローバルに駆け回る日々でしたね~。 一緒に夕食をとることなどほとんどなく...。 ふとバレンタインデーだと気づき、思い立って夕食を♡…

出遅れた~

たいてい月2~3回は作る餃子なのに今年初。 モランボンもち粉入り もちもち皮 これがお気に入り。少し厚みがあるから水餃子にもいいのです。

ここはどこ?

ありえない~~~ 喜んでるのはワンコだけ。こっちはたまらんよ。 お家の中はぬくぬくだけどー。

お詫び行脚の日本帰国

マレーシアを旅行中、じつは心の片隅に引っかかるものをずっと持ち続けていたんです。え?浮かれポンチでした?そうですよね、食べまくりでしたもんね。でも、あったんです。心の葛藤。 じつは旅行の数日前に日本の留守宅で、ある事件が起こりました。 と、…

はずれ

旅先。 日常から離れ、解放感と未知の刺激に包まれた中での食事って何を食べても美味しく感じるもの。特に私は苦手なものが全くないので、何でもどんな味付けでも美味しくいただきます。 だけど、そんな私でも “イマイチ” や “最悪” の味にぶつかってしまう…

マレーシアで泊まったホテル

マレーシア旅行、宿泊編。 ペナン島ではバトゥーフェリンギにあるホリデインリゾートに連泊。 長期滞在するにはとても良かった。まず、バトゥーフェリンギでは中心に位置しお値段お手頃で部屋が広く清潔。一番良かったと思うのは、嫌なところが全くなかった…

イポー街歩き

ガイドブックを持たずにやってきたマレーシア。 しかもまったく予備知識のないイポー。まずはインフォメーションセンターで地図をもらいおすすめ情報を教えてもらいました。 さあ、じっくりプラン立てよっか?どこかに座ろ~。 座れる店....あった!笑 これ…

街歩きが楽しいストリートアート

ペナン島ジョージタウンの町はそこかしこの建物の壁に絵が描かれていて、巨大なものあり、画の一部に本物が加えられ立体的な3D壁画あり、街歩きが宝探しのようでとても楽しい。アートマップ片手に探して歩くのもいいけれど、偶然出会ったほうが嬉しいに決ま…

“じゃらんじゃらん”に疲れたら“ちゃんどる”

“じゃらん”と言えば、宿探しサイト。としか思ってなかったのよね。 ところがこの度のマレーシア旅行で“Jalan”という言葉をあちこちで見かけるじゃない。道路に表示してあるから、それが英語で言う“Street”=~通り とすぐに気づくんだけど、なんと、そのJala…

中国に戻った.....

休暇を過ごしたマレーシアから帰ってきた。 香港から空港リムジンで深圳に入ると、今週いっぱいは春節休暇が続いてるので道路はがらすき状態。まるでジェットコースターに乗ってるかのような超スピードで街を走り抜けた~。 塘厦にもあっという間に到着。途…

最終日のディナーはニョニャ料理

マレーシア最後のディナー、何を食べるか悩みに悩んでマレーと中華がミックスして生まれたプラナカンのニョニャ料理レストランへ。 NYONYA BABA CUISINE しっかり女将がいて仕切ります(笑) 嫌な感じでは決してないのだけど、半ば強引に料理をすすめる! これ…

ニョニャ料理を習う

街歩きや観光にも少し疲れが出てきたこの日、 Tropical Spice Garden のクッキングスクールに夫婦で参加! 「え~僕も行くの~?」と尻込みする夫。 もちろんですとも!とたたき起こして朝早くからスクールへ向かう。 参加者は、国際色豊か。 まずはガーデン…

やっぱり欠かせないナシカンダール

ペナンに来て、これ食べなかったらあかんよね。 少々胃袋もお疲れ気味なのだけど、ここは頑張ってネットで一番人気の店に行って来た。 NASI KANDAR LINE CLEAR この看板←に沿って奥へと入る。 見てのとおり、かなり庶民向けの環境でございマス。 いきなり魚の…

レバノン料理

ペナンに来てからずっと気になっていたレストラン Lebanon Restaurant 中東もカレーが多いのよね、くらいの知識しかなくて。 以前ドバイの人に手料理をご馳走になったことがあるのだけどその時はチキンと野菜のカレー煮込みだった。「いつもこんな料理をたべ…

チョン・ファッ・ツィーの邸宅

通称ブルーマンションと呼ばれるかつて中国人実業家が暮らした豪邸。 一日に数回見学ツアーがあり中を見学できるので参加してみた。 中国の貧しい農村から16歳のチョンファッツィーがインドネシアに渡りアジア各地でビジネスを拡大し、後に大富豪そして政…

ロングドライブの後は屋台が便利

また少し遠出することにした。 ペナン島からメインランドに渡り80kmのところにあるTaiping という町に動物園があるみたいなので車を走らせる。 マレーシアの道路事情もようやく理解できてスムーズに高速道路も使えるようになったしね。 最初は料金所の表示が…

Penang Asam Laksa を喰らう

旧正月の元旦、春節をどう過ごす?何食べる? あてのないままペナン島一周してみることにした。 いつもジョージタウン方面にしか行ってなかったので今日は時計と反対周りにね。 なかなかの山道、カーブが連続する。 一山越えしばらく走ると中国語ばかりの町…